管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たして守備の機会はあるのでしょうか?

<<   作成日時 : 2009/12/15 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

本人が守備機会を求めているのに対し、あくまでもDH(指名打者)としての起用と見方を変えない球団側との接点が見出せず先日ニューヨーク・ヤンキースからFA宣言した松井秀喜選手ですが、同じアメリカン・リーグの西地区に所属するロサンゼルス・エンゼルスに入団がほぼ決まったようですね。

「松井秀、エンゼルスへ…身体検査済ませ契約後会見」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20091215-OYT1T01048.htm
「再び守備の機会、新天地に求める…松井秀」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20091215-OYT1T01054.htm

エンゼルスというとまだ球団名がアナハイム・エンゼルスだった頃(ちなみに現在のエンゼルスの正式名称はロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム)に長谷川滋利投手が所属していましたから、日本人選手はそれ以来ということになりますが、管理人、個人的にはDHのある(つまり移籍したとしてもDHで起用される可能性が高い)ア・リーグよりもDH制がないナショナル・リーグのチームに移籍した方がよかったのではないか、と思いますが、まあ、自分を必要としてくれる球団があればそこに移籍するのがベストかもしれませんね。

考えてみれば松井選手はもともとはDH制がないセ・リーグの巨人にいましたし、本人もやはり「打つだけでなく守れなければ一流の選手とはいえない」と思っていた部分があったかもしれませんね。いくら日本人初のワールドシリーズMVPを獲得したとはいえDHとして獲得した、というのにもどこかで割り切れないものを感じていたのかもしれませんし。
松井選手もここ数年は故障に悩まされている部分がありますが、故障がなければまだまだやれると思いますし、7年間所属した東海岸のニューヨークを離れ、西海岸のアナハイムに移るのですから、それによって環境も替わる事が本人にとってもプラスになればいいのですが。
ちょっと気になるのが、管理人が以前に聞いた松井選手を診察した医師の「守備に付くのは週3〜4日」という言葉ですが、本人もそれは十分承知しているでしょうからあまり無理はしないで欲しいですが。

ちょっとまだエンゼルスのユニフォーム姿の松井選手が想像がつかないところがありますが、とにかく来年も松井選手には活躍して欲しいと思います。


不動心 (新潮新書)
新潮社
松井 秀喜

ユーザレビュー:
逆境この本は怪我をし ...
後々価値がわかる、パ ...
松井ファンなら必読今 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「守備」を含むニュースと関連グッズの紹介
イマナビでは「守備」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「守備」に興味があれば是非ご覧ください! ...続きを見る
イマナビ!News&Shopping
2009/12/18 16:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たして守備の機会はあるのでしょうか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる