管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たして更正できるのでしょうか?

<<   作成日時 : 2009/11/09 19:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

覚せい剤取締法違反での逮捕劇からおよそ3ヶ月。本日、酒井法子被告に対する判決公判が開かれ、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下されました。

「酒井法子被告に懲役1年6月、執行猶予3年」
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090810-234008/news/20091109-OYT1T00276.htm
「「薬物と手切り更生を」裁判官が酒井被告諭す」
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090810-234008/news/20091109-OYT1T00373.htm

この事件が発覚するそもそもの原因となった夫である高相祐一被告の判決も近々下されますが、夫婦そろって覚せい剤をやっていたことなど今回の事件に対して一般社会が受けた影響は大きいと思いますが、今回は諸般と言うことで執行猶予が付きましたが、果たしてここから無事に彼女は更正できるのでしょうか?

管理人が例を挙げるまでもなく覚せい剤取締法違反で逮捕された芸能人は何人もいますけれど、その中には再犯を犯して逮捕された人物も結構いますし、逆を言えば1度逮捕されたくらいは薬物と縁を切る、と言うのは管理人が考えている以上に難しいものである、と言えるのかもしれませんね。
まあ、彼女にはそれこそ芸能界に復帰することをあきらめてでも更正して欲しい、とは思いますが(何でも介護を勉強したい、と言っているようだけれど、認知症患者の介護補助を1ヶ月経験した者として言わせてもらうと、介護と言うのは本当に心の底から介護が好きで人の役に立ちたい、と思わなければ長続きしないと思うが)、果たして本当にこれを最後に薬物と縁が切れるか、と心配しているもう一人の管理人がどこかにいるんですよね…。

まあ、とにかく酒井被告本人も今回の事件が社会に及ぼした影響と言うのを考えてしっかりと更正して欲しいと管理人は思います。


覚せい剤Q&A―捜査官のための化学ガイド
東京法令出版
井上 堯子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たして更正できるのでしょうか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる