管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 夫も判決が出たようで…

<<   作成日時 : 2009/11/27 19:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで今年の夏に相次いで起きた芸能人の薬物騒動ですが、押尾学、酒井法子に続いて本日、その酒井法子の夫である自称プロサーファー、高相祐一被告に対する(当初の予定より遅れたが)判決公判で懲役2年、執行猶予4年の判決が下されました。

「のりピー夫の高相被告に懲役2年、執行猶予4年」
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20091127-OHT1T00113.htm

確か「妻」のほう懲役1年6月、執行猶予3年の判決が確定しましたから、それと比べるとちょっと重いようですが、まあ、そもそも覚せい剤は高相被告が勧めたものですからねえ。それに逮捕のきっかけとなった職務質問のときも随分と態度が悪かったようですから、この判決も仕方ないと言えば仕方ないかもしれませんが。
まあ、でも夫婦そろって覚せい剤をやっていて、親が二人とも逮捕されてしまった息子のことを考えると、なんだか複雑な気持ちになってきますよね。果たしてこれから息子に対してどうやって接していくのか、ある意味では大変なことになるかもしれませんが。

そう言えば昨日だったか、今回の事件に関して芸能リポーターの梨元勝氏が書いた本を基にしたドキュメンタリー映画が来年1月に公開されると言う話を管理人は聞きましたが、正直言って管理人「あの梨元さんじゃ事実を冷静に分析する、と言うよりもセンセーショナルに煽るような作り方をするんじゃないの?」という気もしますが、まあ見てもいないし見る気もない映画についてあーだこーだ言うつもりはありませんが、いろいろな意味で今回の事件と言うのは)わずか1ヶ月の間に起こった出来事だったと言うのに)、いろいろな意味で芸能界のみならず社会全体に大きな影響を及ぼした事件だったかもしれませんね。
今回に事件をきっかけに芋蔓式に芸能界の薬物汚染が明らかになるのではないか、と思っていた人もいるかもしれませんが、その後の展開を見ると芋蔓式に、とは行かなかったようですが、今後もこういった事件が起こらないとは限りませんからね。
ましてや昔と比べると芸能界のみならず一般社会にまで薬物が入り込んでる、と言う話ですから、「君子危うきに近寄らず」と言う言葉のとおり、そういったアブナイ話には近寄ったりせずに気をつけなければいけない、と考えるよい機会になったかもしれませんね。


覚せい剤精神病と麻薬依存
東北大学出版会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夫も判決が出たようで… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる