管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年のドラフトに思う。

<<   作成日時 : 2009/10/29 18:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

と言うことで本日、プロ野球ドラフト会議が行われ(って実は今も続いているんだけれど)、今年のドラフト最大の注目株、と思われる花巻東の菊池投手は6球団競合の末西武が、その菊池投手と春の選抜で投げ合った清峰の今村投手は広島が単独で、そしてホンダの長野選手は公約どおり巨人が単独指名で交渉権を獲得しました。

「ドラフト1位一覧…中日は岡田、日ハムは中村」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20091029-OYT1T00866.htm
「「日本中に認められる投手に」…菊池が意気込み」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20091029-OYT1T00870.htm

まあ、8球団指名だ、9球団指名だ、と言われていた菊池投手の指名が6球団と言うのもちょっと意外な気がしましたが(何でもロッテは西村新監督が直前になってトヨタの荻野選手の1位指名を決めたらしい)、まあ、今回指名を避けた球団としてはくじで外れた場合のリスクを考えると他の選手を指名したほうが得策、と考えたのかもしれませんが…。
まあ、でも菊池投手の交渉権を獲得した埼玉西武ライオンズと言う球団は過去にも数多くの一流投手を輩出して来たし、渡辺監督自身が投手出身ですから菊池投手がプロで活躍できる環境そのものは整っている、と管理人は思うんですよね。

とはいえ、菊池投手に限らず、今回指名された選手はいわば「プロへの道を踏み出すことを許された」選手ですからね。過去ドラフト1位で指名されながら期待していたほどの成績を上げられる球界を去っていった選手だって何人もいるのですから、これから活躍できるかどうかは自分自身の手に掛かっているんですよね。特に長野選手は2回蹴った末ようやくの指名で、年齢も24歳とある意味ぎりぎりのラインですからね。それこそ人一倍プロの世界でしがみついていく覚悟がなければやっていけないのではないか、と管理人は思いますが…

まあ、いずれにせよこれから今回のドラフトで指名された選手がどれだけ活躍できるか、ファンとしては注目していきたいところでしょうね。


フ゜ロ野球選手のト゛ラフト伝説2009 (別冊宝島 1566)
宝島社

ユーザレビュー:
宝島クオリティこの本 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2009プロ野球ドラフト会議
今年も、「運命の日」がやってきました・・・ ...続きを見る
ともみの言いたい放題♪
2009/10/29 21:13
2009プロ野球ドラフト会議 みちのくの怪物・菊池雄星は西武が交渉権獲得!
プロ野球の2009年度ドラフト会議が29日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われました。今年は日本球界かメジャー挑戦か悩んだ末、日本球界行きを決めた花巻東高校の菊池雄星投手が「ドラフトの目玉」として注目を集めました。大学・社会人では、2度のドラフト指名を受けながらも入団を拒否したホンダの長野久義選手が、憧れの巨人入りなるか?菊池投手は最大9球団が指名されると予想されていましたが、その結果は如何に…。 ...続きを見る
日刊魔胃蹴
2009/10/30 23:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年のドラフトに思う。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる